2008年01月20日

ダイソン掃除機 DC22 の特徴

ダイソンの掃除機、前機種のDC12から3年をへて、新機種 DC22が登場。

どこが進化したのか特徴をみていこう。まずサイクロンの数が増えている、DC12では8個、それがDC22では12個になっているのだ。(多ければいいってもんじゃないけど、増えるとなんか進化した気がしてしまう。)
これまでの2層構造のサイクロンが、コアセパレータというものを加えて3層構造になった。そんなこんなでサイクロンが12個になっている。

そうすることで、集塵効果が今まで以上に向上。ごみを集めた空気は最終的にはフィルターを通って外に出るのだか、サイクロンで取り逃がしたごみ埃が少なくなるので、フィルターがそんなに汚れない。なんと7年間もフィルターのクリーニングが不要。DC12のフィルタークリーニングの目安は1年だった。

続きを読む

2008年01月19日

DC12購入から一年経過。異状なし!

早いもので、ダイソン掃除機の2台目を買ってから、約1年が経過しました。Dyson DC12 プラス コンプリートです。この一年間は、何事もありませんでした。当たり前といえば当たり前ですね。我が家のダイソン掃除機は2台とも故障なしの、カスタマーサービスへのコールもなし。

ちなみに、ダイソン掃除機には2年間のメーカ保障が付いています。

そういえば、DC12の後継機種DC22なるものが出ているらしいい。3台目を買う余裕も、必要もないのですが、気になりますねダイソンの新製品。
posted by kobayashi at 14:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月14日

ダイソン掃除機、3ヶ月間ゴミ捨てしないと、どうなった?

最近書いてないなと、ブログを見ながら、家内に「最近ゴミ捨てしてた?」と聞くと「してないよ」と言う答え。

ということはぁと、3ヶ月間ゴミ捨てしていないことになるんですね。とわ言うものの、我家にはダイソン掃除機が2台あるので、普通家庭で1ヵ月半分のゴミになると思います。
ゴミタンク3か月分
外から見ると、こんな感じで、ぎっしとゴミがあります。吸引力はどうやら落ちていないようです。変わらない吸引力、だからゴミ捨てしないでも平気???

続きを読む

2007年04月08日

ダイソン掃除機、今月のゴミ捨て

一ヶ月ぶりにダイソン掃除機2台のゴミタンクのゴミステをしました。2台とも透き通ったタンクには半分くらいゴミがたまっています。約1ヶ月ぶりのゴミ捨てになります。

ゴミタンクに一杯になるほどゴミ捨てをしないでいたらどうなるんだろう?ダイソンはゴミタンクのゴミの量が増えても、吸引力が衰えないので、ゴミを見せられなければ、ゴミを捨てようなんて認識には達しません。ゴミが見えるから、「捨てないといけないんじゃない?」と誘導されているようです。

やはり、ダイソンDC12のゴミステは簡単です。クリヤビンを本体からはずして、(クリヤビンからゴミを離れやすくするために)クリヤビンを何回も叩く。ボタンを押して、ゴミタンクの底をあけて、ゴミが出て行く。

続きを読む

2007年03月04日

今日のごみすて

最近、ダイソン掃除機の話題がありませんでしたね〜。

ゴミも溜まってきていてので、ゴミ捨てをしました。
左がDC05(1階担当)、右がDC12(2階担当)です。
ゴミステ DC05 ゴミステ DC12
DC05のダイソン1号君のほうが沢山溜まっていたような感じです。
やっぱりゴミステはダイソン2号君DC12が楽です。

2007年02月17日

続・ゴミタンクの中の白い粉

先々週にゴミタンク(クリアビン)を掃除したときに発見した、白い粉の付着場所。気になって2週間後にまた、覘いてみました。

DC05の時は、デュアルサイクロンといって、内側のサイクロンは1個。その内側サイクロンの外壁の面積も大きかったので、白い粉(ハウスダスト)の付着も広く薄くとという感じでした。

DC12(ダイソン2号君)では、ルートサイクロンといって、内側のサイクロンが小型化し数が5個になりました。その関係で内側サイクロンの外壁の面積は小さくなった気がする。白い粉は局所的に高く盛り上がるように付着していきます。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。