2007年01月20日

ダイソン掃除機の一週間分のゴミ

ゴミ1週間ダイソン掃除機 DC12 plusを使い始めてから1週間がたちました。さて、どれだけゴミが取れていたのでしょうか? 新品状態からの使用で、まだ一度もゴミを捨てていなかったので、最初のゴミ捨てになります。外見ではさほどゴミは溜まっていません。綿ゴミと髪の毛が固まって、偏ってビンの中に浮いていました。

それでは、袋を用意して、ゴミ捨てをして見ましょう。
ゴミ画像がありますので、原寸大で見るときは注意してください。

ゴミ1週間 内部ゴミタンクはダイソンではクリアビンと言うのですが、まぁ、ゴミタンクと言いましょう。ゴミタンクの底がワンタッチで開きます。さっき見えていたのは外側タンクでしたが、内側タンクには綿埃が溜まっていました。そして、パウダー上の微粒な埃。タンクの底をゆっくり開けたので、こんな感じに出てきました。


ゴミ一週間 パウダーゴミパウダー状の埃のアップです。無造作にゴミ捨てを行えば、綿埃と一緒になって、ゴミ袋に出て行くでしょうね。実は、このパウダー状のゴミの存在が、他の掃除機の吸引力低下をまねいているのです。ダイソン掃除機はこのゴミをちゃんとゴミタンクに溜めているので、吸引力が落ちない。このあたりのことは、別の機会に書くことにします。


ゴミ一週間 スポンジ ゴミ一週間 プレモータフィルター
ゴミタンクと、モータの間にあるスポンジとフィルターの様子です。これらは、1年に一回洗えばOKのもの。スポンジのほうは写真左下のところでわかるように、うっすらと埃が付いています。フィルターのほうは、新品の時と違いは判りません。

ゴミ一週間これが、1週間分のゴミです。我が家のダイソン1号(DC5)よりも、ゴミステは各段に楽になっていますね。ちなみに、下に敷いているのは、スーパーでもらえる透明の袋(いわゆる、スーパーバッグ)です。穴開きに注意ですよ。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。