2007年02月04日

ゴミタンクの中の白い粉

今回のレポートには、衝撃の?「白い粉」の画像が含まれています。白い粉の存在はダイソン1号君の時から知っていたのですが、いや〜驚きました。ダイソン2号君のそれには。

DC12plus(我家のダイソン2号君)の買ったときの写真です。
こんなに透き通っていたんだ。クリアビン(ゴミタンク)は2重構造になっていて、外側に大きなゴミが、内側に小さなゴミが溜まります。外側はそれ自身でサイクロンのシリンダーになっていますが、内側には5つの小さなサイクロンシリンダーが円形状に配置されています。小さなシリンダー(ルート・サイクロン)の底のアップが右側の写真です。
新品クリアビン 底 新品クリアビン シリンダー内部

これが3週間後には、と言うと。
白い粉 シリンダー内銀河星雲のような神秘的な写真でしょう!? いや〜ほんとに驚きました。ピンボケになっていたのが残念です。使用を開始してから3週間後の状況です。これがゴミ捨て2回目。1回目の時は、こんなところを見ていませんでしたので、1週間目でどうなっていたかは不明です。
満遍なく、パウダーゴミがシリンダー突起についているのではなく、時計回りに尾を引くようにパウダーゴミが付着しています。

白い粉 つついた後割り箸で、シリンダー突起の周りのパウダーゴミを突いてみました。
マニュアルによるとサイクロン部分を洗う必要は無い、と書いてあります。サイクロン内の突起の周りのことなど何も書いてありません。書いてあるのは、ゴミが残っていても吸引力等の性能には悪影響が無いこと、くらいです。


ゴミタンクから、チラシ広告の上に「白い粉」を出したところです。ゆっくりやらないと、また飛び散って行きそうです。右の写真は、「白い粉」を割り箸で、少し広げてみたところです。
白い粉 出す白い粉 出す2

こんなに、取れていたとは驚きです。

見てのとおり、真っ白ではありません。グレーなパウダー状の粉です。
これがまさに「ハウスダスト」なんだと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32813285

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。