2007年02月17日

続・ゴミタンクの中の白い粉

先々週にゴミタンク(クリアビン)を掃除したときに発見した、白い粉の付着場所。気になって2週間後にまた、覘いてみました。

DC05の時は、デュアルサイクロンといって、内側のサイクロンは1個。その内側サイクロンの外壁の面積も大きかったので、白い粉(ハウスダスト)の付着も広く薄くとという感じでした。

DC12(ダイソン2号君)では、ルートサイクロンといって、内側のサイクロンが小型化し数が5個になりました。その関係で内側サイクロンの外壁の面積は小さくなった気がする。白い粉は局所的に高く盛り上がるように付着していきます。

白い粉 シリンダー内2週間でこれだけの白い粉が付着していました。5人家族で1階をDC05(ダイソン1号君)、2階をDC12(ダイソン2号君)が担当しています。これは、DC12。

写真では、立体感が出てませんが、サイクロンの突起に結構高さがあって、このパウダー状のゴミたちがあふれて、穴のほうに陥没することはなさそうです。

白い粉 シリンダー内 突いた後。今日も誘惑に負けて、割り箸で白い粉を突いてみました。ゴミタンクの蓋をして、タンクを手で叩いてみたのですが、パウダーゴミは殆ど崩れませんでした。まだ2週間の量だからかなぁ? それで、割り箸でつついて、パウダーゴミを壁から落としたのです。

白い粉 蓋パウダーゴミ(ハウスダストというんだと思う)を割り箸でつついて崩してから一度、ゴミタンクの蓋を閉めます。ゴミタンクを逆さにして(本とはコッチが順方向)、底の蓋を開きます。そこの蓋に出てきた2週間分の白い粉が、この写真。

本当は、このパウダーゴミ、量が多くなると自然と崩れて、ゴミステの時に外に出て来るんだと思います。多く付着しても、排気として外にいくことはない。それがサイクロン式の本当の威力!
DC05の時は、布などで付着したパウダーゴミを落とすように説明書に書いてありました。DC12は何もしなくていいようです。要するに、DC05よりゴミステが楽です、DC12は。



この記事へのコメント
DC12の使用情報は大変参考になります。以前、使っていた国産サイクロンのときは、掃除機の、メンテがおもしろくて(こんなに今日はゴミを集めたぜ、とか言いながら)、フィルターやらゴミカップをせっせと掃除していました。ダイソンのあの中の白い銀河状ゴミほこりも1ヶ月に1回くらいエアダスターで、屋外でマスクして吹き飛ばしていました。火山の噴火のごとく、すごい煙幕状態となりますが、きれいになったダイソン君に満足しておりました。妻はほこりが飛ぶ様子を見るのが嫌なようですが・・・。無駄な作業だったのしょうか?
Posted by 白い粉気になる男 at 2008年01月05日 13:45
私も気になって、時々箸で落としていたんですが。
何もしなくていいんですね。
Posted by 白い粉気になる男2 at 2008年03月01日 16:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33903203

この記事へのトラックバック

でもやっぱりパワーのあるハンディ・クリーナーも欲しい
Excerpt:  最近、掃除機ネタが多いのでもしかして「キレイ好き?」と思った方もいるかもしれま
Weblog: ダイバーズ・の〜ぉと
Tracked: 2007-02-19 22:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。